公的医療保険適用 先進医療対象 自由診療
頭頸部腫瘍 膵がん 肝細胞がん(長径4cm以上)肝内胆管がん 大腸がんの骨盤内再発 前立線がん 骨軟部腫瘍 小児がん
脳転移骨転移乳がんなど
脳・脊髄腫瘍 頭頸部扁平上皮がん(口腔・咽頭・喉頭) 食道がん 肺がん 肝細胞がん(長径4cm未満) 腎臓がん 転移性腫瘍(肺・肝・リンパ節の少数個転移)

※1 手術による根治的な治療が困難なものに限る。
※2 早期肺がん(Ⅰ期~ⅡA期)は、2024年6月より公的医療保険適用。尚、切除不能のものに限る。
※ 条件などは、ご相談ください。

公的な医療保険

公的医療保険で治療できるがんの場合、前立腺がんかそれ以外のがんかで陽子線治療の技術料が異なります。

・前立腺がん:160万円

・それ以外のがん:237万5千円

治療費の自己負担割合は年齢・収入等で異なりますが、高額療養費制度の利用が可能です。
(詳しくはご加入の健康保険組合・協会けんぽ・国民健康保険などの窓口へお問い合わせください)
※2 早期肺がん(Ⅰ期~ⅡA期)は、2024年6月より公的医療保険適用。尚、切除不能のものに限る。

  • 入院・検査・投薬など(保険適用)別途費用がかかります。

治療費

高額療養費制度利用時自己負担の目安

70歳未満
標準所得 10~42万円
低所得 4~6万円
70歳以上
現役所得 10~42万円
一般所得 2万円
低所得 1~2万円

先進医療

治療そのものの費用は自己負担となりますが、入院費や検査料などは健康保険の適用となります。
陽子線がん治療費の自己負担額は、350万円(非課税)となります。
民間の先進医療特約に加入している場合、陽子線がん治療費をカバーすることができます。
入院・検査・投薬など(保険適用)別途費用がかかります。

自由診療

健康保険の給付対象とならない医療のことで、全額自己負担です。