がん治療について

がん治療は、手術、放射線治療、薬物療法(抗がん剤など)が3つの柱として挙げられます。 がんの種類と進行度などを踏まえて、それぞれの治療法を単独あるいは組み合わせて行うことが、標準的な治療法として推奨されています。

陽子線治療の特長

陽子線治療は放射線療法の一種で、水素の原子核である陽子を加速しエネルギーを高めてできる陽子線(粒子線)を照射する治療法です。従来は、X線やガンマ線という光子線を照射します。
一方、陽子線は、「設定した場所に到達したときに最大のエネルギーを放出して消失する」という特性を持っています。
そのため、病巣の深さや形状に合わせ、がん細胞の位置で止まるように照射を設定すれば、ピンポイントで集中的に治療することが可能です。

相対線量と体内深さのグラフ

従来の放射線と陽子線の違い

従来の放射線では、がんの周辺にある正常細胞にも影響を与えてしまいますが、
陽子線はがんの形や大きさに合わせて、
がん病巣に最大のエネルギーを与えることができます。

従来の放射線治療

従来の放射線治療の図

体の表面付近やがんの奥にある正常組織にも影習を与えてしまい、がん病巣には最大のエネルギーが当たらない。

陽子線(粒子線)治療

陽子線(粒子線)治療の図

正常組織への影響は最小瞑に抑えながら、がん病巣に最大のエネルギーを当てることができる。

当センターの陽子線治療
(強度変調陽子線治療)

アメリカ・バリアン社製「ProBeam360°」を導入し、
360度さまざまな方向から照射(三次元照射)することができます。
腫瘍の形状や大きさに合わせて精密に照射することができる強度変調陽子線治療(スポットスキャニング法)を採用し、
治療ベッドも自由に動くため、より効率的な陽子線治療を可能にします。

アメリカ・バリアン社製

ProBeam360°

強度変調陽子線治療(スポットスキャニング法)

高線量の陽子線を約4ミリのビームで腫瘍の形状や大きさに合わせて照射。

強度変調陽子線治療は360度さまざまな方向から照射